So-net無料ブログ作成
検索選択

車の電動化は止まらない?

車の電動化の動きが、ここにきて急加速している様です。
1年前に「車は電動化する?」というタイトルで書いたので、一部を再アップします。

自動車の未来はどうなるのか、混沌としています。
様々な種類の自動車が世に出てきますが、この先どれが主流になるのか分かりません。
ハイブリッド車(HV)が燃費向上の限界に近付き、ディーゼル車が躓き、また燃料電池車(FCV)が車自体の高コストや水素ステーションなどのインフラ整備の遅れによって足踏みする中、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)が、このところ注目銘柄のようです。
エネルギー事情や政府の政策、メーカーの事情や戦略によって、どこに落ち着くか分からない最近の「猫の目車事情」ですから、この先どうなるかは誰にも分からないのですが...
メーカーは自車の優位を狙って激しい競争を繰り広げているといえば、聞こえはよいけれど、見方によっては右往左往ともいえます。
現在の注目銘柄が何でEVとPHVなのかというと、どちらも単純に、走行中に二酸化炭素(CO2)排出量が少ない、もしくは出さないということと、構造が比較的単純で、新規参入が容易だということでしょうか。
EVは蓄電池に貯めた電気を使うので、走行中のCO2排出量はゼロです。
PHVは通常のHVよりも搭載する蓄電池を多くし、電気モーターで通常走行し、長距離走行や蓄電池電力が不足したときに内燃機関で走行します。
したがって走行全体で見ても排出量は少なくなります。
つまり本来のHVが内燃機関を主体として、モーターはその補助役であり、また回生エネルギーのように、ともかくもあらゆる所から、内燃機関の駆動に伴うロスエネルギーを集めて電気に変えるという複雑なシステムを有しているのに対して、PHVはそれらを簡素化、あるいは省略されます。
ということでPHVの位置付けは、HVよりもEV寄りになります。
そんな理由からでしょうか、EVとPHVへの参入が増えています。ディーゼルでミソをつけた欧州のメーカーがPHVを、そして米テスラモーターズがEVを発売して注目されています。
テスラが2016年3月に発表した新型「モデル3」は、従来のモデルより安い、といっても約400万円の価格ですが、発売1週間で30万台を超えました。これは日産自動車のEV「リーフ」が、発売から5年かけて20万台を販売したのに比べると大変な数字です。』

それから1年経った現在、EVへの傾斜が顕著です。
フランス、イギリスが2040年までに、化石燃料車の販売を禁止すると決めたのに続いて、中国も追随するようです。もっとも完全な化石燃料排除ではなく、PHVとHVは除外されるようですが...
この1年でEVが抜きん出るような技術革新が起こったわけではありません。
また石油の情勢に大きな変化が起こったわけでもありません。なのに何で?
どうやら社会的、政治的情勢の変化によるようです。

もともと都市の大気汚染が深刻なのは、中国やインドなどモータリゼーションが急な国に限られたわけではありません。公共交通が効率的に整備された日本のような国と違って、英仏やそして米国など先進国の都市の大気汚染も無視できない状態になっているようです。
公共輸送の未整備や職住間の距離、物資輸送の非効率性などによって、大量の車の乗り入れと、それによる渋滞などが重なって大気汚染が起こるわけです。

その手っ取り早い解決策として、走行中は大気汚染をもたらさないEVが最適というわけです。
奇しくもこれらの国では、自動車産業はドイツや日本に比べて競争力を欠いています。
穿った見方をすれば、化石燃料車から一気にEVに飛び移ってしまえばという思惑が働いている?
政治の影も見え隠れします。米国のテスラの様に新規参入して、一気にトップになれるかも!
ということで、どこかが口火を切れば、バスに乗り遅れるなとばかりに、一斉にEV化の流れです。

中国やインドでは傘下に収めた欧州メーカーが、早々とEV化を宣言するような動きもあります。
ドイツはディーゼル車で失態をさらし、日本はお得意のHVの消燃費がほぼ限界に達し、ともにPHVに活路を見出そうかというところでしたが、こんな世界の社会的、特に政治的情勢には抗し得ない?
特にドイツVWなどは、中国市場に過剰に依存しているので、政府の意向には逆らえないし...

いうまでも無く、都市の大気汚染はPM2.5などに代表される、直接的で地域的な汚染であるのに対して、間接的ながら地球規模の大気汚染、すなわち温暖化ガス排出とは無関係です。
EVは走行中に汚染物質を出さないというだけで、使用する電力は商用電力によって充電されたもの。その商用電力が石炭火力などによる、温暖化ガスを大量排出する電力だとすれば、エネルギーの作成から消費までの全体で見れば、電力もガソリンも大差は無いし、場合によってはHVなどの方がクリーンというのが実際の姿です。
今後、EV車が増えて電力が不足し、それを賄うために安価な石炭火力発電に頼れば、都市の空気は見掛け上はきれいになっても、世界では温暖化被害がますます拡大なんてことにも...

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る