So-net無料ブログ作成

樹木の水の吸い上げ

今年は梅雨入りがはっきりしないで、あまり雨も降らずに暑い日が続き、草花や菜園の作物どころか、木々までげんなりしていました。これは全体に水遣りをしなければと思っていた矢先に大雨が降って、そのあとも雨模様で、まるで今が梅雨かと見紛う日々です。

ところで植物、特に高い樹木の「水を吸い上げる仕組み」はどうなっているのでしょうか。
大気圧による水の上昇は10mが限度ですが、10mを超える木は、ざらというより普通の存在ですから、他の力によって吸い上げられているのですね。
まず水の吸い上げの始まりは「根」です。地中の水分を根が「浸透圧」によって内部に運び、そして上に押し上げます。これを「根圧」といいます。
吸い上げた水の出口は「葉」です。葉から大気中に水が蒸散すると、葉内部の細胞液の濃度が上昇し、細胞外部との間に「浸透圧」が生じ、水を吸い上げようとします。これは「蒸散力」です。

根と葉の間が幹(と枝)です。幹の内部は無数の細い細い導管が、幹の下から上まで通っています。導管内の水は「水素結合」という強い結合力によって、1本の糸のようにつながっています。
葉の蒸散力が、この水の糸を引っ張り、根の根圧が水を押し上げ、水が吸い上げられるのです。
蒸散力と根圧と水素結合によって、100mを超える樹木でも、水を吸い上げてしまいます。

ところで樹木を伐るのは、葉が落ち、そして水分が根まで下がって重さが減った冬に伐るのが一般的です。伐採がちょっと遅れて、春先に伐ると思わぬことが起きます。
杉をチェーンソーで伐ったときは、飛び散る木屑と共に樹液が、まるで血のように飛び散り、たじろぎました。また白樺を伐ったときは、切り株からどんどんと樹液があふれ出て、これまたびっくりでした。

針葉樹の杉は、蒸散力と根圧と水素結合とによって、活発に水を吸い上げる状態だったということ、また落葉樹の白樺は、まだ葉が出ていない状態なので、蒸散力が働いたとは考え難く、根圧だけによって樹液があふれ出たということなのでしょうか。恐るべし、植物の力です。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

トロントの住人

我が家のお隣さんは、それを知らないで前庭にあった白樺の大きめの枝を春先に切っしまい、樹液があふれ出て白樺は死んでしまいました。近所のおじいさんがあわてて出てきましたが遅かった。この白樺は窓に差し込む夏の西日を遮ってくれていたのに〜。無知な移民による残念な出来事でした。地元の年配のアドバイスは大切で〜す!
by トロントの住人 (2017-08-29 06:46) 

森のくろつぐみ

白樺の樹液は甘みがあって、おいしいということなので、容器に汲み上げれば良かった。冬に伐ったやつは、根元から伐って3年目ですが、まだ生きてますよん。
by 森のくろつぐみ (2017-08-29 18:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る