So-net無料ブログ作成

いづれがアヤメかカキツバタ

izure1b.jpg
「いずれがアヤメかカキツバタ」といって、秀でたもの二者の、甲乙付けがたいことを意味しますが、実はここに、ハナショウブが加わります。いずれもアヤメ科アヤメ属の花たちの三つ巴?です。
ただでさえ、見分けがつかないのに、さらにややこしいのは、漢字で書くと、カキツバタは「杜若」、アヤメは「菖蒲」、そしてハナショウブは「花菖蒲」となります。
杜若(とじゃく)と、菖蒲(しょうぶ)というまったく別の植物の漢字を誤用してしまったのですね。
ですから漢字は使わず、かなで書くのが間違いないのです。

で、簡単な見分け方は、花の基の部分が白い三角のがカキツバタ、黄色い三角のがハナショウブ、綾目模様がアヤメです。
もう一つ、水の中で咲くのがカキツバタ、乾いた地面を好むのがアヤメで、その中間がハナショウブです。上の画像で左から順に、カキツバタ、ハナショウブ、アヤメです。
どの花も好きですが、あえて言えばハナショウブです。
カキツバタは紫と白のコントラストが「凛々し過ぎ」、またあやめは綾目模様が「うるさい」、ハナショウブの紫と黄色の組み合わせが「ちょっと色っぽい」と勝手に思っています。

伊勢物語に在原業平が、カキツバタを句の頭に読み込んだ歌があります。
 ら衣 つつなれにし ましあれば るばる来ぬる びをしぞ思ふ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る