So-net無料ブログ作成
検索選択

経済のミクロとマクロ

現代の経済学には、ミクロ経済学とマクロ経済学があります。
ミクロ経済学は、個々の個人や企業の経済行為を中心にして経済事象を分析します。
具体的な経済生活や売買行為で、どのように価格が決定されていくのかといった市場メカニズム(価格メカニズム)を中心に理論を形成していきます。
マクロ経済学は、政府や企業、個人という個別の経済活動を集計した一国経済全体を扱い、マクロ経済変数の決定と変動に注目し、適切な経済指標とは何か、望ましい経済政策とは何かという考察を行います。国民所得や失業率、物価、貯蓄、消費、投資、国際収支などの集計量が元になります。またマクロ経済分析の対象となる市場は、生産物(財・サービス)市場、貨幣(資本・債券)市場、労働市場に分けられます。

ミクロ経済学はアダム・スミスによって始まったといわれています。
スミスは、各個人が利益を追求することによって、社会全体の利益となる望ましい状況が、あたかも「見えざる手」に導かれるかの様に達成されると考えました。スミスは「価格メカニズム」の働きにより、需要と供給が自然に調節されると考えたのです。
以来、ミクロ経済学はこの価格メカニズムの解明に力を注ぎ、レオン・ワルラスの、いわゆる「均衡理論」に至ります。1874年に発表された「純粋経済学要論」でまとめられた一般均衡理論は、完全競争市場では消費者にとっての効用と供給者にとっての効用が最大になるような価格・量で均衡するという考え方です。
今日、一般均衡理論は、現代経済学の基礎的な理論の枠組みを提供しています。
またワルラスは経済学に積極的に数学を導入し、その後経済学は数学的に洗練されていきます。

マクロ経済学は、ジョン・メイナード・ケインズが始まりとされます。
1936年に発表された「雇用・利子および貨幣の一般理論」の根幹は、有効需要の原理で「供給量が需要量(投資および消費)によって制約される」というもので、それまでの「供給はそれ自身の需要をつくり出す」(セイの法則)を否定します。
そして有効需要は、市場メカニズムに任せた場合には不足することがあるが、投資の増加が所得の増加量を決定するという乗数理論に基づいて、減税・公共投資などの政策により投資を増大させるように仕向けることで、有効需要は回復することができるとしました。
このような原理から、有効需要の政策的なコントロールによって、完全雇用GDPを達成することを目的とした、総需要管理政策(ケインズ政策)が生まれ、これは「ケインズ革命」といわれています。
このケインズの考え方は、経済学を均衡理論を核とするミクロ経済学(新古典派経済学)と、有効需要を核とするマクロ(ケインズ)経済学とに、真っ二つに分けることとなりました。

ところが、1970年代、同一の経済現象を、ミクロ経済学とマクロ経済学が、別々に説明するのはおかしいという主張が登場し、マクロ(ケインズ)経済学を批判します。
そして「合理的期待形成」という、現代の経済学の中心的命題を提唱します。
人は様々な期待を抱いているが、利己的であるならば、この期待は自己がもっとも得をするような合理的なものとして形成されるはずだ、というのが「合理的期待形成」説です。
ケインズ経済学では、過去のデータを用いて経済主体の行動を推定して将来のとるべき政策を策定するため、このような経済主体の予測、つまり期待を織り込むことが出来ないという批判です。
またケインズ批判にとどまらず、「合理的な経済主体」の最適化行動に基づいたモデルを作って、経済主体の行動の集計されたものとしてのマクロ経済を分析しようとしました。つまりマクロ経済学の理論は、ミクロ経済学に基礎づけられていなければならないとしたのです。

80年代になると合理的期待形成学派がマクロ経済学を席巻します。この条件を満たしていないマクロ経済学、すなわちケインズ経済学は死亡宣告されてしまったのです。
またミクロ経済学は、外部(不)経済や情報の非対称性などによって、市場が最適でない状態になる、「市場の失敗」と呼ばれるような現象に関心が向けられるようになりました。またこのような新しい研究方向に適しているとして、「ゲーム理論」が積極的に取り入れられていきます。

以上超簡略経済学史でした。  ―続く―

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

トロントの住人

今、○○○スペシャルでシリーズでやってますね。「見えざる手」見たばかりでした。
by トロントの住人 (2016-10-19 03:42) 

森のくろつぐみ

え?なんのスペシャルか教えてください。
by 森のくろつぐみ (2016-10-19 13:13) 

トロントの住人

次回は土曜日ですけど、おさそいが全く来なかったです〜。

by トロントの住人 (2016-10-20 06:54) 

森のくろつぐみ

そういえば、ちら見した憶えがあります。
バクモンが出ていたので、まじめな番組と気がつかなかった!
by 森のくろつぐみ (2016-10-20 09:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る