So-net無料ブログ作成
検索選択

海洋資源は獲り放題?

以前、遠洋漁業によって減少する海洋資源を、獲りまくるのは止めようなんて書いたりしましたが..
今、海洋資源をめぐって、様々なせめぎあいが続いています。
捕鯨では、ご存知、捕鯨船と鯨保護団体とで泥試合の様相です。
ワシントン条約締約国会議では、マグロの禁輸、要するに漁獲量制限に関して、日本は、明確に反対運動を繰り広げました。否決に持ち込み、喜色満面とはねー。
そして、鮫の漁獲制限でも反対した日本。大消費国である、お隣の国は、以前は鮫のヒレだけ取って、残りは捨ててしまうなんてことやっていましたが、今でもそうなんでしょうか?

日本や、いくつかの国は、要するに海洋資源の減少を認め、漁獲を制限しようという動きに対し、何が何でも反対ということでしょう。
文化だから、食の問題だから、資源が減少しているというのは科学的でないから、とさまざまな理由を付けていますが、採りたいだけ採るという方針のようです。
資源の再生を考えず、採りっぱなしの「遠洋漁業」という名の収奪は、営々と築いてきた日本の伝統文化とは、相容れないものでしょうけど..もはや立ち行かないと認識するのは何時?

ところで、これらの海洋生物が手に入らないとなると、どうする? 私は、特に困りませんが。
鯨は、学校給食で食して以来食べた記憶はありません。 美味くなかったなあ..
マグロは、冷凍のやつは、解凍とその後の熟成が上手く行かないことが多くて、これもさして美味でないし。
近海のやつは、美味いけど、すでに十分高価。カツオなんかで間に合わせませんか。
トロとかいう脂がお好きな向きには、商用化された「完全養殖マグロ」が最適です。
フカヒレなんて珍奇な宮廷料理を、あの人口大国の庶民が食べだせば、ろくな事はありません。
鮫と中国の人のために、人工フカヒレを創ったらどうでしょうか?カニカマが作れるんだからねえ。

需要がなくなれば、供給もなくなり、資源の収奪もなくなるのですが...


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る